モスクワ

モスクワの情報【シベリア鉄道停車駅】

この記事ではシベリア鉄道終点(始発点)であるモスクワの基本情報と

おすすめの観光スポットを紹介します!

 

モスクワの観光スポットは1ページでまとめるには多すぎるので・・・

とりあえず外せない部分だけ厳選して記載しました。

シベリア鉄道停車駅・モスクワ概要

モスクワは言わずと知れたロシアの首都。

人口は2020年時点でおよそ1267万人で、ヨーロッパ中でも最大規模の都市です。

1998年頃には人口は約651万人だったので、たった20年で2倍ほどに膨れ上がったことになります!

 

街の中心部はまさに大都会といった雰囲気で、経済的には”BRICKS(新興経済発展諸国)”なんて呼ばれていますが、先進国と大差ないじゃないか!と感じるほどです。

 

モスクワでは地下鉄(メトロ)はかなり発達しており、早ければ2分間隔で電車が来ます。

ちなみに地下鉄は扉が閉まる勢いが凄まじいうえ、走行速度が異常に早いので、乗っていると恐怖を感じるほど・・・ 

 

また、モスクワからサンクトペテルブルクまで行きたい場合、オクチャブリスカヤ駅から特急列車が出ています!(所要時間3時間半程度)

 

モスクワ観光にかける時間は、どんなに短くても丸3日は欲しいところです。

滞在すればするほど面白いので、時間に余裕がある人はモスクワでの旅程を長めに組むのがおすすめです!

見どころ・おすすめ観光スポット4選

モスクワは見どころが多く、この1記事でまとめるのが難しかったので、

本記事では絶対に外せない場所を4つ厳選してみました。

赤の広場とその周辺

赤の広場は、モスクワに観光に行ったら行かない人は(多分)絶対にいない場所です。

最寄り地下鉄駅はПлощадь Революции(プローシャチ・レボリューツィ)駅です。

 

あの有名な、おとぎの国に出てきそうな聖ワシリイ大聖堂があるのもここです!

 

赤の広場周辺は観光スポットが集中しており、聖ワシリイ大聖堂の他にも

 

レーニン廟(レーニンのお墓)

クレムリン

武器庫

グム百貨店

 

などがあります。

 

これらも全て行っておきたい場所ですが、1日で全部見ようとすると体力のある人でもかなりハードに感じると思います。

2日くらいゆっくり時間をとって楽しむと良いでしょう。

 

特に、武器庫は本当にすごいです

 

「武器庫」という名前ですが、中身は博物館。武器や甲冑はもちろんのこと、ロシア帝政時代の豪華絢爛なアクセサリーやサモワール、さらには馬車まで間近で見ることができます。

(海外でいくつか博物館や美術館に行きましたが、馬車をこんなに近くで見れたのはここだけです!)

アルバート通り

アルバート通りを一言で言うと「お土産ストリート」です。

とりあえずロシアらしいお土産を買いたければここに来れば間違いありません。

(よく見ると中国製と書いてあるものも多いですが・・・)

 

最寄り地下鉄駅はСмоленская(スモレンスカヤ)駅で、駅の階段を出てすぐのところにあります。

 

日本語サイトだと「アルバート」と書いてあることが多いですが、よりロシアっぽい発音だと「アルバット」です。

 

スターバックスがあるので、モスクワ限定のタンブラーが欲しい人は買っておきましょう。

(アルバート通りのスタバには店内にピアノがあり、お客さんが自由に弾けます!)

トレチャコフ美術館

モスクワの美術館と言ったらトレチャコフです。

 

ちなみにトレチャコフ美術館はモスクワ市内に2つあります!

本館と新館が何故か結構離れた場所にあり、間違いやすいので注意してください。(私は間違えました)

 

ざっくり言うと、本館はロシア帝政時代やイコンなど宗教画、新館は20世紀以降の近代美術がテーマです。

なお本館は渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムにも来日した「忘れえぬ女(見知らぬ女)」も所蔵しています。

 

若干たどたどしいですが、トレチャコフ美術館公式サイトに日本語ページもあったので、気になる人は見てみてください。

本館住所 Лаврушинский пер., 10, Москва, 119017
新館住所 ул. Крымский Вал, 10, Москва, 119049

 

ベルニサージュ(ヴェルニサージュ)市場

ベルニサージュ市場(ヴェルニサージュ市場)では、ロシア伝統のマトリョーシカや木彫り人形などの工芸品がかなりお安く手に入ります。

1ルーブル=1.6円ほどのレートであれば、6~7個の入れ子になっているマトリョーシカが1500円程度~購入できます。

 

特にマトリョーシカをお土産に持って帰りたい人は街のお土産屋さんで買わず、ここで買うのがおすすめです。

下手すると普通のお店の半額くらいで買えますし、店員さんによっては安くしてくれることもあります。種類もかなり豊富で、市場の脇に並ぶ店舗の中では有名な作家さんが作ったマトリョーシカも手に入ります!(高いですが・・・)

 

市場の最寄り駅はモスクワ中心部から少し外れたПартизанская(パルチザンスカヤ)駅で、駅から10分ほど歩きますが行く価値ありです。地下鉄の3号線です。

市場は屋外なので、できれば天気の悪くない日に行けるといいですね。

営業時間は9時~18時。定休日はありません。

おわりに

本記事ではモスクワの基本情報や主な見どころをまとめてみました。

別記事ではもっと詳細な情報を掲載していきますね。