インターネット事情

シベリア鉄道・ロシア国内でインターネット・Wi-Fiに接続する方法

ロシア・シベリア鉄道でインターネットに接続する方法

シベリア鉄道で旅行するにあたり、インターネット環境の準備は行っていますか?

 

ホテルやゲストハウスに行けば大抵無料Wi-Fiはありますが、できれば街中でもネットは使えるようにしておきたいですよね。

 

この記事を読めばそんな悩みも解決できるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事でわかること

ロシア国内でインターネットに接続する方法

ロシアでのSIMカードの買い方

モバイルルーターのAPN設定方法

シベリア鉄道乗車中の電波状況

ロシアでインターネットに接続する手順1:モバイル端末を手に入れる

シベリア鉄道およびロシア国内でインターネットに接続するには、対応のモバイル端末が必要です。

モバイル端末は、モバイルルーターもしくはSIMフリーの携帯電話です。以下、それぞれ説明します。

モバイルルーターを用意する場合

シベリア鉄道やロシア旅行でインターネットに接続するなら、まずはモバイルルーターを用意しましょう。

 

個人的におすすめなのはNECプラットフォームズのAterm MR05LN

 

タッチできるディスプレイがついていて操作しやすく、SIMカードを2枚まで挿せるので切り替えも可能。

 

もちろん日本国内でも使えますよ。

 

私もロシアでは実際にこれを使ってネットに繋いでいました。

パソコンでWi-Fiに繋げたかったのでかなり便利でした!

 

 

なおこのモバイルルーターは以前タイに旅行をした時にも活躍してくれました。

 

海外旅行が好きな人は一台あると便利です。

 

SIMフリーの携帯を用意する

ロシアでネット接続するには、SIMフリー携帯を用意する方法もあります。

 

私はiPhone SEとLGの携帯で接続していました!

同行者のiPhone 5とXperiaでも接続を確認済み。

 

テザリングができる機種なら、モバイルルーター利用しなくても携帯をモバイルルーター代わりにしてパソコンでネットが使えますよ!

 

なおSIMロックが解除されていない携帯を使用している場合は、あらかじめ解除しておきましょう。

すべてのSIMフリー端末の携帯電話で接続を保証するものではありません。

ロシアでインターネットに接続する手順2:SIMカードを購入する

モバイルルーターもしくはSIMフリー携帯が用意できたら、SIMカードを購入しましょう。

SIMはロシア国内で購入できます。

 

私はロシアではMTSとBeelineのSIMカードを使いました。

 

※なおMTSはキリル文字(ロシア文字)表記だとMTC(エムテーエス)という表記になり、最後が少し違うので注意。

 

ちなみにウラジオストク国際空港内にもMTSのショップがありました!

夜中でも開いていたのでほっとした記憶があります。

 

空港のBeelineは夜になると閉まってしまい、そこでは購入できず。(2018年時点)

 

ウラジオストクからシベリア鉄道に乗るなら、カバーエリアの関係でMTSが一番おすすめです。

 

なおSIMカードを購入するにはパスポートが必要になります。

 

確か名前などの必要事項を英語で書いた気がします。

 

(記入用紙には英語の説明もあったので、何をどこに書けば良いかわからない、ということはありませんでした。お店の人も教えてくれます。)

ロシアでのSIMカードの設定方法は?(MTSとBeeline)

インターネットの設定は案外簡単です。

 

店員さんによりサポートの差はありそうですが、

私の時はSIM購入後に店員さんがSIMをセット→接続確認をしてくれました。

 

(スマホの言語設定をロシア語か英語にセットしてから店員さんに見せるとスムーズ)

 

ちなみに通常ネットワークの接続には”APN”の設定が必要になるのですが、スマホなら基本的にSIMを挿すだけで自動設定されるようなのでそこまで難しいことはなさそうです。

 

一応APNの設定内容を書くと…↓

NAME:

internet.mts.ru (MTSの場合)

internet.beeline.ru (Beelineの場合)

ID:なし (MTSもBeelineも)

パスワード:なし(MTSもBeelineも)

 

上で紹介したAtermのモバイルルーターで接続する時は、設定画面で同じように入力すれば無事繋がりました。

 

接続にSIMフリーのiPhoneを使用する場合、何かあった時のためにSIMを取り出すための”プチッ”と挿す針金を持って行ったほうがいいかもしれません。

ロシアのSIMカードの容量と料金

SIMカードの容量は3GBや6GBなど色々種類があるので、自分に合った物を買いましょう。

 

2018年当時はMTSで3GBで350ルーブル(1000円位)でした。

他社もそんなに変わらなかったと思います。

 

ちなみに3GBと書いてあっても実際利用できるデータ量はもっと少なかったように思います。

(体感的に半分くらい?)

 

SIMカードの説明書に専用ダイヤルに発信すると残高が確認できると書かれているので、そこで都度チェックすると良いでしょう。

 

まあSIMカードが買えるショップはロシア国内のそこら中にあるので、わからなければ容量少なめのものを買い、都度買い足すのが良いと思います。

 

ちなみにこのSIMカードはプリペイド式なので、データ残量がなくなったら使えなくなります。

 

無限にデータ通信を行って法外な料金を請求される心配もないので安心ですよ!

シベリア鉄道とロシア国内のインターネット電波状況

ロシア国内のネット接続速度は、街中なら4G/LTEなのでそこそこ速いです!

モスクワなら日本と変わらないくらいです。

 

ただし・・・

シベリア鉄道乗車中は、街から離れるにつれてネットはどんどん遅くなります!

 

Google Earthで見れば分かる通り、ロシア国土のほとんどは大自然です。

駅と駅の間なんかはかなりの間圏外になることは覚悟しておきましょう。

 

これはもう仕方ないです。

 

電波を辛うじて拾うエリアでは、LINEのメッセージを送るだけでも数分かかることもあります。

ロシアでのLINEの使用には制限があるので、別記事で詳しく紹介しています。
シベリア鉄道・ロシアでLINEアプリは使えない?!VPN設定でLINE規制を回避する方法ロシアでLINEアプリは使えない!?VPNで規制回避! シベリア鉄道横断、もしくはロシア旅行を考えているみなさん、 ロシアでのLIN...

 

以上、ロシア&シベリア鉄道でインターネット・Wi-Fiに接続する方法でした。