街の情報

イルクーツクの情報【シベリア鉄道停車駅】

「シベリアのパリ」イルクーツク概要

「シベリアのパリ」と呼ばれるイルクーツクは、その名の通りヨーロッパ風の美しい街並みが見られます。

ウラジオストクからシベリア鉄道に乗車している場合、少し前まではどこかアジアっぽさがありましたが、ここから一気に雰囲気が変わります。

 

ヨーロッパと言えば石造りの街並みを思い浮かべますが、イルクーツクには「オールド・イルクーツク」と呼ばれるエリアがあり、そこでは木造の素朴で可愛らしい建物を見ることができます。

 

また気温がかなり低いことでも有名で、真冬にはマイナス40度以下になることも。

まつ毛が凍るくらいの寒さで、慣れていない人が深呼吸をすると冷気で思わずむせてしまうほどです。

 

街の中心にはバイカル湖から流れるアンガラ川が流れています。

ちなみにシベリア鉄道でバイカル湖に行くならここで下車しましょう。

※バス乗り場からマイクロバスが出ています。

イルクーツクの見どころ・おすすめ観光スポット

カール・マルクス通り

『資本論』で有名なドイツの経済学者・カール=マルクスの名を冠した通りです。

レーニンの思想はマルクス主義を発展させたものと言われているので、敬意を示してこの名前がついたのでしょうか?

カール・マルクス通りはイルクーツクのメインストリートで、ヨーロッパらしい装飾の建物が並びます。

スーパー、カフェ、レストラン、雑貨店など何でもあり、散策にちょうど良くおすすめです!

130 クヴァルタール (Kvartal)

イルクーツク観光の見どころと言えばここですので、ここは最低限押さえたいです。

よく整備・舗装されていて小綺麗なカフェやレストラン、ショッピングモール(モドニ・クヴァルタール)が並んでいます。

食事するなら是非立ち寄りたいエリアで、お手頃価格で美味しくて、しかも写真映えするご飯やスイーツを楽しめます!

カザン教会(Cathedral of the Kazan Icon of the Mother of God)

ちょっとこじんまりしていますが、イルクーツクでは有名なロシア正教会。

入場は無料です!中に入る時、女性はスカーフを巻くようにしましょう。

 

 

デカブリスト博物館(Irkutsk Regional Historical and Memorial Museum of Decembrists)

 

ここではデカブリストのシベリア流刑中の生活の様子が展示されています。

流刑中の割には立派なドレスや家具、調度品が多数ありますが・・・

実際に使用されていたものがかなり良い状態で保存されており、案外見応えのある博物館でした。かなりおすすめです。

 

バイカル湖

少しイルクーツクからは離れてしまいますが、世界一深いとされるバイカル湖の見学もおすすめです。せっかくシベリア鉄道を旅するなら、絶対に行っておきたい場所ですよ!

イルクーツクからバイカル湖のほとりの村・リストビャンカというところまでマイクロバスが出ており、だいたい1時間くらいで着きます。

夏は透き通り、冬には全面雪と氷で覆われ、年間通して違った表情が楽しめます!

特に冬は可愛いバイカルアザラシ達や美しい氷の結晶群が見どころ!

真冬にバイカル湖の散策ツアーに参加すると、こういう車に乗って凍った湖の上を走ります。スリルあります・・・↑

おまけ

ショッピングモールにSIMショップあり

イルクーツク・130クヴァルタールにある大きなショッピングモール(モドニ・クヴァルタール)内にはMTSのSIMカードを売っているお店があるので、必要なら購入しておきましょう。

モール内は雰囲気も良く、H&Mなどの有名ショップも入っているので旅行者でも安心して入れると思います。

イルクーツクおすすめレストラン”ラッソリニク”

130 クヴァルタールにある人気のロシア料理店です。

価格がリーズナブルな分サイドディッシュも注文しやすいので、お腹いっぱい食べられます!

お店の内装もかなりおしゃれで居心地も良く、本当におすすめのレストランです!